×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブランド別洋食器ガイド

 


フッチェンロイター (ドイツ)

フッチェンロイターは、1814年カルル・マグヌス・フッチェンロイターにより、ドイツホーエンブルグに絵付け工房として創設された洋食器メーカーです。当初は絵付け工房として発足しましたが、絵付けのみならず磁器の製造メーカーを目指し、8年後の1822年バイエルン王より磁器製造の許可を得て専用工場を設立するにいたります。
この磁器製造の許可を与える条件というのが「いかなるものよりも優れた商品を作ること」というものでした。フッチェンロイターはこのときのバイエルン王ヨーゼフ・マキシミリアン一世との約束をたがえることなく、優れた磁器を作り続けます。
オートメーション化が進んだ現在においても、クラフトマンシップを重んじるフッチェンロイターの洋食器は、銅版転写紙の貼り付けやゴールドの彩色など、数百人の手を経て完成にいたります。創業以来200年近い歴史と伝統を持ち、今日においてもドイツを代表する洋食器メーカーとして世界中の人々に愛されています。

フッチェンロイターの人気シリーズのひとつに「ブルーオニオン」があります。「ブルーオニオン」と聞いてまず思い浮かべるのがマイセンでしょう。そうです、マイセンとそっくりの「ブルーオニオン」がフッチェンロイターからも発売されているのです。ぱっと見ただけでは区別が付かないほどそっくりです。
大きな違いはマイセンの「ブルーオニオン」には、木の根元に「双剣マーク」が描かれています。また技法にも大きな違いがあり、マイセンの「ブルーオニオン」はハンドペイントで描かれるのに対し、フッチェンロイターの「ブルーオニオン」は銅版転写を使用しています。
マイセンとフッチェンロイターそれぞれの「ブルーオニオン」カップ&ソーサーを並べてカップボードに飾ってみるのも一興

 

 



アウガルテン / アラビア / ウェッジウッド /イッタラ
ウォーターフォードクリスタル / エルメス / エインズレイ
コスタボダ /ジアン / タイツー / ダンスク / ティファニー
ビレロイ&ボッホ / ビングオーグレンダール
フッチェンロイター / ブルガリ/ ヘレンド / マイセン
ミントン / リチャードジノリ / ローゼンタール
ロイヤルアルバート / ロイヤルウースター
ロイヤルクラウンダービー / ロイヤルコペンハーゲン
ロイヤルドルトン / ロワイヤルリモージュ
 

アイテム別洋食器ガイド | 素敵な洋食器 | TDindex〜世界のブランド洋食器 | 楽しい洋食器の選び方

Copyright © ブランド別洋食器ガイド All rights reserved